魔(ブラック)から身を護り、自身のパワーアップをする神獣の爪・牙です。
瞑想やヒーリング(気功治療)の際、大いに力になります。

 

爪牙には、アフリカライオン・熊・イノシシ・牛などがあります。
これらを身に着けていると魔(ブラック)・霊などから護ってもらえます。(※どのようなブラックなエネルギーにでも対抗できるという意味ではありません)
ネガティブなエネルギーに悩む人、気功治療家・ヒーラー、手技療法の癒し手には必須のアイテムです。

  

入魂する時には、ある肉食獣の皮・香木でファイヤープージャ(インド式火の儀式≒護摩祈)を行います。
 

ファイヤープージャ

ファイヤープージャによる入魂の場面
手前に爪牙が置いてあるのが見えます。
下の壺が伝承の物です。

 

 

 

これらの爪牙は絶滅危惧種を保護するワシントン条約があり現代では取引が難しく、極めて手に入りにくいものです。
ある意味、金や銀などの金属よりこれから手に入りにくくなるでしょう。

タイガーは輸出入禁止の対象になっており、その在庫はなくなりました。
現在、斡旋できるのはアフリカライオン、熊、イノシシです。
しかし、これらも商用としてやっている訳ではないので在庫は僅少です。

どの爪牙も魔除け、力を得る目的で使います。
個人的な感想では、ライオン>熊>イノシシ の順に力が強い感じです。
お好みで選んでください。
金額は高い物からライオン>熊>イノシシという順で、大きい物程金額が高くなります。 

一般的に動物というと人間より低級な存在という認識があると思います。
確かに、動物は獣と言われる様に、多くは人間より境地の低い生き物です。
しかし、すべてがそうではなく神獣という高級な存在もいます。

また、神は修行を重ねた人を通してこの世界に現れますが、人間だけでなく動植物や魚類にも入ります。
木に神が入ったものはご神木と言われ、神社でもご神体として崇められています。

殺戮の過程で恨みを残す動物たちがいる一方で、自然死した動物に特別な供養をしてあげるとその動物は神獣として特定の人をエネルギーで護ってくれる様になります。

神獣はエネルギーとなって、ブラックなエネルギーから身を護ってくれたり、またヒーリング(気功治療)の際にブラックなエネルギーを駆逐してくれたりしますので、本当に心強いお護りになります。
私も日々護ってもらっていて、これなしの生活は今では考えられません。



 

巨大熊
陸上で最強の動物である熊。
年を取り巨大になった熊は山の神として崇められます。
 
イノシシ


 

イノシシ

爪牙ネックレス イノシシ
熊と同様に、年を取ったイノシシは山の神として
崇められます。宮崎駿監督の映画「もののけ姫」には
乙事主(おことぬし)という齢(よわい) 500才を超す
鎮西(九州)のイノシシ神が登場しました。


 

インドの創造三神の一柱であるヴィシュヌ神はイノシシとして現れたという神話があります。
そのイノシシ神はヴィラーハといいます。
魔神ヒラニヤークシャによって大洪水が起き大地は海に沈められた時、ヴィラーハは角で大地をひっかけて持ち上げ、大洪水の被害から人類を救ってくれました。
そして、ヴィラーハはヒラニヤークシャを倒したと言われています。


 

ヴィラーハ
牙で大地を持ち上げ、ヒラニヤークシャを倒すヴァラーハ。
 
                                        
            

ヴァラーハ(Varha)は、ヒンドゥー教における猪の姿をしたヴィシュヌ神の第3のアヴァターラ(化身)である。
大地(プリティヴィー)を海の底へ沈めた、恐ろしきダイティヤ族の王ヒラニヤークシャを打ち破るために遣わされ、1000年にも及ぶ戦いの末、勝利を収める。

            

ヴァラーハは純粋な猪、もしくは擬人化され、猪の頭を持つ男の姿で描かれた。
後にそれは4本の腕を持ち、2本で車輪と法螺貝、残りの手で矛、剣あるいは蓮を持ち、あるいは祈りの姿勢をとる姿で描写された。
大地は猪の牙の間に握られていた。

            

このアヴァターラ(化身)はプララヤ(洪水)からの蘇生及び新しいカルパ(周期)の確立を象徴し、それゆえ創造神話を構成すると考えられる。

            

(出典:wikipedia)

            

 
神獣のネックレス猪


 

ライオン

 
牙爪ネックレスライオン

百獣の王ライオン。余り知られていませんが、
インドにはライオンが生息しています。
斡旋する物はアフリカライオンです。



 

ドゥルガー

戦いの女神ドゥルガー
ライオンに乗って魔と闘う姿で描かれます。
シヴァ神の妻でもあります。


 

イノシシ神ヴィラーハはヴィシュヌ神の化身であると紹介しましたが、ヴィシュヌ神の化身にはナラシンハというライオン神もあります。  



 

ナラシンハ像
ナラシンハ像 (出典:wikipedia)

 

魔神ヒラニヤークシャはイノシシ神ヴィラーハに倒されましたが、ヒラニヤークシャにはヒラニヤカシプという兄弟がいました。
ヒラニヤカシプはヴィシュヌ神を恨み、復讐を遂げようと苦行を重ね不死身の身体を得、無敵状態になりました。
不死身の身体と強大な力によって世界を征服したヒラニヤカシプに神々は抗う術もなくなり、ヴィシュヌ神に救いの手を求めました。
ヴィシュヌ神はライオン神ナラシンハとなってヒラニヤカシプと闘い、その鋭い爪でヒラニヤカシプを倒したと言われています。

神獣ネックレスライオン



 

タイガー、熊、イノシシ、ライオン・・・そのいずれかの力を得て瞑想、ヒーリングやサマーディー行をする方法をヒマラヤのシャーマンや聖者より伝えられました。
そのためには、プージャ(護摩祈祷)した動物の骨(爪や牙)が必要となります。

 

ブラックに対してのヒーリングの力を強めたい方、またはブラックな力からの護身の力を得たい方、霊障にお悩みの方にはこの法具があると大分違いを感じられることでしょう。
 

ある人はその牙でできたネックレスを首から下げた瞬間にそれまでの胃痛が無くなったと言っていました。
その人の胃痛は霊障から来るものだったのでしょう。

 

見栄えが良くなる様仕上げてありますが、古い物なので細かい傷が付いています。
あまり細かく品質をお求めになる場合はご遠慮ください。

 

しかし、これらの法のものは形状ではなく、パワーが肝心なので分かる人には分かるものと思います。


 

 

〔参考記事〕

ブログ「気功家 水野博友 魂の施術の記録・その想い」

「神獣の爪牙ネックレス」で邪気から身を護る


 

神獣の爪牙ネックレス体験談 

人に対する恐怖感がやわらぎ、緊張感もなくなりました W様〔鹿児島県〕


熊の牙を身に付ける様になって、2年になります。
気がつけば、人に対する恐怖感がやわらぎ、緊張感もなくなって、自分の気持ちを伝える事がスムーズになっている様に思えます。
以前は、ずいぶん我慢して、それでいて、うまく伝える事が出来ず、はたから見れば「そんな事で何を怒ってるの?」と思われる事が多かった様に思います。
人間関係がスムーズになると、生きる事が楽になりますね。

 
 

行動するエネルギーへと変換した感じです! Y様〔神奈川県〕


今回お導きがあったのでしょうか、ご縁を頂きまして思い切ってライオンの牙を購入させて頂いて本当に良かったと思っています。
頭がスッキリしたのもありますが、行動するエネルギーへと変換した感じです。

 
 

身に着けていると力強いパワーを感じ前向きになれるようです! T様〔埼玉県〕


ライオンの牙について頂いた時から感じていましたが、身に着けていると何か力強いパワー?のような物を感じて凄く前向きな気持ちになれるようです。
不思議ですね。
常時身に着けて元気をもらっています。
実は頂いた時は言ってませんでしたが瞑想中に凄く元気になってしまいちょっと外を走り出したくなった位です。
最近益々いろいろな助けを頂けていると感じていますのでこれからも頑張って行を続けたいと思います。

 
 

 

 

爪牙のネックレスは「熊」「猪」「アフリカライオン」の三種類です。

熊 猪 ライオン



 

神獣の牙爪 力の秘密


昔から修行者やシャーマン・霊能者は動物の骨や牙を身に着けて、その力を活用してきました。
その動物とは、猪・熊・狐・狼などで、海外では虎やライオン、ピューマや豹もあります。
 
一般的に肉体的に強い動物程、その霊的加護の力は強く、強い霊能の力を得ることができると言われています。
だから一番お勧めなのは虎なのですが、それはワシントン条約で取引ができなくなっています。
現在は流通していないため入手が困難です。
それは余程の縁がないと辿り着けませんし、また流通していない分、値段もそれ相応にします。
 
インド人の修行者には高い牙爪を身に着けることができないので、仕方なく牛を身に着けている人もいました。
 
 
 
神獣の牙爪を身に着けると、その動物が力を与えてくれたり、護ってくれたりします。
気功治療(ヒーリング)の時も、受け手の強い邪気から護ってくれますし、瞑想で自身を浄化する際にも強い力で浄化を促進してくれます。
 
この様に、まるで犬がご主人様を忠実に護るように、神獣はそれを身に着ける人を護ってくれます。
私は、常日頃虎の牙を身に着けて助けてもらっているのですが、それを知らない霊能者が私の背後に虎がいると霊視し驚いたことがありました。
 
 
 
 
人間の苦悩の諸問題の原因は、その人が持つカルマが根源的要因です。
カルマは仏教では業や因縁と言われ、神道ではメグリと言われます。
どちらも共通した概念です。
 
それは魂が背負う財、もしくは借金みたいなものです。
徳分が多ければカルマも少なく、人生は障害が少なく順風満帆に進めますが、カルマが多いと障害が多く、苦悩が尽きない人生となります。
 
カルマとは反作用なので、誰かを傷つければ、同じ分量の苦痛が第三者からいずれ自分にもたらされるという思想です。
 
例えば、前世で人の目を拷問でつぶすという残酷な行為をした場合、その末世で盲目の人生を歩むとか、人生のいずれの時に誰かに目を傷つけられるという因果方法のストーリー展開になるというものです。
 
これはわかりやすい一例です。
 
 
 
カルマの思想は人間だけにあるのでしょうか。
おそらく人間ではなく生命を持つ者であれば動物にもあるとも考えられます。
 
では、例えばライオンがシマウマを殺して食べたとしましょう。
ライオンは自身が生きていくためとはいえ、人生を謳歌していたシマウマを殺害してしまうので、ライオンはカルマを積むことになってしまいます。
 
ひょっとするとシマウマには家族がいたり、生まれたばかりの子供がいたりして、これから人生(馬生?)を楽しみたいと考えていたのに、ふいにライオンに襲われそれが強制終了となってしまった訳です。
 
喉に食い込むライオンの牙の痛みに耐えながら、「この野郎!オレの馬生を返せ!」と怒っているかもしれません。
 
 
 
そんな殺戮をするのが、ライオンの人生(猫生?)なので、ライオンは生きていくためにたくさんのカルマ(業)を負わざるを得ません。
 
しかし、実際は肉食獣ですから、殺しはやむを得ないことで、その度にメスライオンたちが「あたしたちまたカルマを積んでしまったよ」と反省会をしてもきりがありません。
 
それから考えると、虎やライオンなど肉食獣は食べるための殺しはカルマにならない様になっているのかもしれません。
そうだとすると、肉食獣の本質的強さは、カルマや悪念を消す力にあるのではないかと推察します。
先程の例で言えば、実際にシマウマは「この野郎!!」と恨んでいる訳で、その恨み・悪念をはねつけるか消すだけの特別な力を持っているのです。
だから、獲物の生命を絶っても平気の平左で生きていけるのです。
 
 
 
その力の恩恵が、牙爪を持つ人間にも及ぶのでしょう。
そのため、本来であれば悪念などの邪気を受けたり、カルマを積んだりしてダメージを負うところを、神獣が消除・軽減してくれている・・・それが「神獣の牙爪」の力の秘密ではないかと考えています。


 
 



爪牙のネックレスは「熊」「猪」「アフリカライオン」の三種類です。

熊 猪 ライオン



 

  • 五鈷杵
  • ヒーリングスティック
  • 邪気祓いオイル
  • 美顔&美肌オイル
  • 仙人ラジウムバン
  • 生命の玉
  • 生命のクリーム
  • 仙人の魔除工房
  • 仙人の魔除工房 神獣の牙爪
  • 五大元素の行
  • 龍サンキャッチャー
  • 龍シリーズ
  • パワーストーンブレスレット
  • 浄化の塩
  • 気楽ジェルシート
  • ご神木ファイヤープージャ
  • レイナの霊視鑑定
  • 水野気功療法院

グループから探す

モバイルショップ

送料無料 力強いエネルギーのものだけを厳選

グループから探す

>